飛梅
寺・神社
寺神社
皇后の梅
シティハイム昭南203号

コラム

 

 

登記所で申請書には、地番を記入。

 今回は、法務局(登記所)において土地・建物を調査する際、思うことがあり皆様の参考にして頂きたく今日のコラムを、掲載させて頂きます。土地・建物の要約書・登記事項証明書等を請求する際、今も昔も変わらぬ光景のひとつに申請書を提出したところ、事務の方から地番を調べて下さいと申請書を返される方をお見受けします。これは記載した内容が、日常使用している「住所」を記載された結果、登記簿上の所在・地番と一致しないため登記簿上の「地番」を調べるように求められ返されたということです。何で出ないのか、疑問に感じられる方も多いのではないかと思いますので、解説してみたいと思います。

 まず初めに「住所」とは何かについて、検討してみたいと思います。「住所」を、辞書を引くと「住んでいる場所」とあります。私たちが「住所」を聞かれて回答したり、本人確認書類を求めたりされた際に提出するのは、一般的に住民票です。ということで住所とは、住民基本台帳上の「住所」を前提に説明させて頂きます。では、その「住所」を市町村がどのようにして決めているかですが、まずは登記所により土地に付けられた番号「地番」を住所としているようです。この地域にお住まいの方は、住所を記載しても地番と同じなので要約書・登記事項証明書を取ることができます。地番を住所とするやり方とは別に「住居表示」と言う市町村が独自に建物に番号を付ける制度があります。登記所の建物の登記である「家屋番号」とは全く別です。同業者の方含め多くの方が、「住居表示」と、「住所」を同義語で使われますが、確かに住居表示実施地区については「住所」で正しいのですが、地番を住所としている住居表示未実施地域については、「住居表示」とういう用語を使用するのは適当ではない気がします。冒頭の事案は、住居表示実施地区にお住まいの方が、申請書に住居表示(住所)を記載されたため返されたと思われます。よって、申請書には、あくまで「地番」を調べて記載する必要があります。お住まいの住所が、「地番」なのか「住居表示」なのか調べるには住民票の「住所」を一字一句よく読めば推定できます。

 住居表示には、「街区方式」と、「道路方式」2通りありますが、日本においては、ほとんどが「街区方式」です。世界に目を向けるとアメリカは、「道路方式」が多いようです。「街区方式」の特徴は、道路等を境にして街区を設定されます。その街区に番号「番」が付けられています。次に建物に番号「号」が付けられます。街区と建物番号の例を上げると、末尾が、「〇番〇号」といった形です。それに対して、未実施地区につては、登記所の「地番」なので「住所」は、末尾が「〇番地」となります。土地に枝番があれば、番号で終わったり、マンションであれば末尾にマンション名を入ったりしますが、あくまで地番を表したものです。このような点に気をつけて住民票を、一度ご確認下さい。登記所に行かれる際は、権利書又は、登記識別情報等で地番・家屋番号を調べておくと良いと思われます。

 現在、福岡市およその周辺地区は、ほとんど住居表示を実施してきており住居表示を実施してない地域は、当社がある春日市ぐらいで少数の地域になっています。政令指定都市で実施していないのは、京都府ということを聞いたことがあります。

 住居表示は、意外と奥が深く機会をみて関連のコラムを、掲載したいと思います。

                                                                                  令和元年10月31日

 

引用 デイリーコンサイス国語辞典 三省堂

  先週は、台風17号の影響で看板の飛散、フェンスの倒壊等の対応に追われました。18号が17号と同じようなコースで、向かってきており気がかりです。

  さて、明日の10月1日からは、消費税がいよいよ10%に増税されます。課税事業者の建物・事業用賃貸物件によっては消費税の振分けを考える必要があり事務処理が煩雑になりそうです。また、2023年(令和5年)10月1日からは、インボイス制度も始まるようで、この制度を簡単に言ってしまうと現時点で免税事業者でも、税務署長に申請し適格請求書発行事業者の登録を受け課税事業者になることによりその取引先が、転換した後の事業者に支払った消費税を、申告の時に消費税の控除の対象に計上し、消費税を納税する制度ということのようです。免税事業者に支払った消費税相当額は消費税控除の対称にできない為、取引先が課税登録事業者になることを希望した場合、免税事業者はどういう対応をするのか想定する必要がありそうです。この制度は、免税事業者から消費税を徴収する仕組みのように思われ、今後の免税事業者がどの程度課税事業者に転換していくのか推移を見守りたいと思います。我々中小企業は、何か見えない力によって、追い込まれて行くような感覚を覚えるのは私だけでしょうか。

                                                            令和元年9月30日

                                                        

賃貸おすすめ物件♪

管理物件の空室です。

是非、一度ご見学されて下さい。

月の浦荘202号案内図。
会社概要